有限会社 兼一

ネジ・ボルトの製造・販売。自動車関連ボルト・建築関連ボルトから新商品開発まで、ボルトのことなら東大阪市の兼一(カネイチ)。

製造品目

【自動車関連品】
・アプセットボルト
(4マーク・7マーク・十字穴付)
・アプセットセムス
(4マーク・7マーク・十字穴付)
・フランジボルト
(4マーク・7マーク)
・DRセムス
・ライニングボルト
【特殊品目】
・特殊ヘッダー加工品
(頭部高フランジ・シルク・段付・貫通・六角穴付・段付・頭部大軸小径等の特殊ボルト・特殊ネジ・アジャスターボルト)
・図面品
(精密切削品・プレス加工偏芯四角ナット・曲げ物・中空リベット・装飾ナンバープレートボルト・シャフト・ステン品等の特殊ボルト・特殊ネジ)
・排水管継手関連
(T型・くわ型ボルト)

 

加工方法

ヘッダー・トリーマ・ローリング・ 二次加工機・旋盤・ペンチレー ス・直線機・インパクトカッティ ングマシン・両穴明タップ機・研 磨機・ノコカット機・転造機・切 断・研磨・プレス・NC・フライス

 

ブログ

 

HOME»  ネジ製作の流れ

ネジ製作の流れ

東大阪の技術とネットワーク

「兼一」の位置する東大阪市は全国屈指の”ものづくりの町”です。 数多くの工場が立ち並び、全国有数の工業集積地を形成しています。
高い技術を誇る企業が数多く存在し、世界的に有名な製品の内部部品を製作したり、画期的な新製品を世に送り出しています。 特に”ものづくり”に対するこだわりやアイデアにおいては、他の追随を許さないほどです。
「兼一」は東大阪の高い技術と東大阪のネットワークを駆使し、常に新しく質の高い製品を生み出しています。我々の生み出した製品は、東大阪から日本全国へ広がっていくのです。

 

東大阪の技術とネットワーク

 

ネジの製造過程

ネジが材料から加工されていく流れをご説明いたします。

 

1.材料

材料

 

ネジに加工する前の材料です。
巻いたロープやコイルのような状態です。

 

 

2.ヘッダー圧造

ヘッダー圧造

 

切断した材料を金型で押し付け、ネジの頭に当たる部分と軸部を圧造成形します。
ヘッダー圧造は、一定以上の力を連続して加えて金属を変形させると、元に戻らなくなる性質を利用した加工法です。 素材を常温状態でそのまま加工できるため、加工スピードが速く精度の高い製品を量産できる点が特長です。

こちらからダブルヘッダー加工の動画がご覧いただけます≫

こちらから多段ヘッダー加工の動画がご覧いただけます≫

 

 

3.ローリング加工

ローリング加工

 

ローリング加工は平板状の金型で材料を挟み、擦り合わせてネジ山を作る工程です。
平板状のダイスと呼ばれる金型の表面には、ネジ山となる斜めの切れ込みが入っています。

こちらからローリング加工の動画がご覧いただけます≫

 

 

4.メッキ処理

メッキ処理

 

加工の終わったネジはメッキを施します。
そのままではサビやすいため、耐久性と外観の美しさを加えます。 着色やゆるみ止めの特殊加工を施すことも可能です。

 

 

5.製品完成

製品完成

 

完成した製品を梱包します。
弊社では規格の定まった商品を常時在庫し、迅速な出荷ができる体制を整えています。